ボジョレー・ヌーヴォーについて書いています

解禁、ボジョレー・ヌーヴォー

解禁、ボジョレー・ヌーヴォー

解禁、ボジョレー・ヌーヴォー

季節の風物詩ボジョレー・ヌーヴォーは毎年傑作です。

毎年11月の第三木曜日に世界で解禁されるボジョレー・ヌーヴォーはその年に取れた新しいブドウを使用して作られたワインです。

ボジョレー・ヌーヴォーの始まりは農民が収穫を祝って行われたとされていて、縁起ものの一つでもあります。

日本での輸入は1976年に始まりバブル期には大きなブームとなりました。

こうしたブームの波にのり、毎年過剰なキャッチコピーが話題になっています。

さまざまな言葉を組み合わせて毎年傑作だと謳っているのは大手輸入業者や居酒屋店長やソムリエの発するコメントなどからです。

しかしながら、地元のボジョレーワイン委員会はもう少し控えめの品質予想をしているため、温度差が生じています。

傑作と言われている年には1959年や1964年、1976年、2005年、2009年などが地元では有名です。

この年を基準に品質予想が毎年地元ではされています。

一方、日本では毎年訪れる一つの風物詩であり、お祭りのような要素が高いため、さまざまなキャッチフレーズで人々を魅了しています。

キャッチコピー一つで私たちを楽しませてくれるボジョレー・ヌーヴォーは日本人に定着してきたのです。

一口にボジョレー・ヌーヴォーといっても生産者が違うと味が全く異なります。

また、ヴィラージュと呼ばれる特定の地域で作られたものは通常のものに比べて、価格も高い傾向です。

ボジョレーは味や生産者、キャッチコピー、ラベルとさまざまな角度から楽しむことができます。

ボジョレー・ヌーヴォーの傑作が生まれる理由