ボジョレー・ヌーヴォーについて書いています

解禁、ボジョレー・ヌーヴォー

解禁、ボジョレー・ヌーヴォー

解禁、ボジョレー・ヌーヴォー

ボジョレー・ヌーヴォー原材料酷評

「ボジョレー・ヌーヴォーの名前の由来はフランスバリの東南に位置するブルゴーニュ地方の南部、美食の街リヨンから北部に広がる地区、美しい高台その名は、ボージュに由来しています。

ボジョレー・ヌーヴォーの赤ワイン、ロゼは原材料ガメ種から作られています。

原材料をボジョレー地区で夏に収穫したぶどうを酷評その年に仕上げた新種、それがボジョレー・ヌーヴォーです。

ボジョレー地区では紀元2世紀がろからワイン作りが始まっていたとされています。冷蔵設備のない時代から売り買いしていました。

1900年代中頃までボジョレーのワインは限られた地域の人々達だけの楽しみにでした。

1951年フランスでは軍隊への供給酷評を確保する為にワインの出荷を12月15日まで制限する省令がだされました。

それを受けてボジョレー生産者協会はフレッシュで心躍るようなボジョレー・ヌーヴォーの新酒を通常よりも早く出荷したいと申請をおこしました。

その年の11月13日許可が下り、12月15日の解禁を待たずに今現在、販売することのできるワインが特定されました。