ボジョレー・ヌーヴォーについて書いています

解禁、ボジョレー・ヌーヴォー

解禁、ボジョレー・ヌーヴォー

解禁、ボジョレー・ヌーヴォー

歴史の古いボジョレー・ヌーヴォーは口に含む幅が大切

ボジョレー・ヌーヴォーは、ボジョレー地区で収穫したブドウで作った新酒です。

ボジョレー・ヌーヴォーの歴史は古く、元々農民の収穫を祝うために作られたお酒でした。

今はフルーティーで飲みやすいことが世の中に広まり、世界各国で飲まれるようになりました。

国内での歴史はまだ浅く、輸入されるようになったのは、数十年前と言われています。

その年によって、味が異なり、毎年違った美味しさを楽しめるそうです。

ボジョレー・ヌーヴォーで最も大切なことは、口に流し込むときの幅だと言われています。

香りをしっかり味わうために、なるべく細長くてグラスの口がすぼまった、幅の狭いグラスを選ぶと良いそうです。

このタイプで有名なのは、キャンティというグラスです。

香りを逃さずに、最後までボジョレー・ヌーヴォーの美味しさをしっかり味わえます。

通常赤ワインの飲み頃は常温と言われていますが、このワインは特殊で、11℃が飲み頃と言われています。